NEC、英IT企業のNPS社を約713億円で買収

英国など海外でのセーフティー事業を強化へ

 1月9日、NECは、英ITサービス会社「ノースゲート・パブリック・サービシーズ(NPS)」を4億7500万ポンド(約713億円)で買収すると発表した。写真は都内で2012年5月撮影(2018年 ロイター/Issei Kato)

[東京 9日 ロイター] - NEC<6701.T>は9日、英ITサービス会社「ノースゲート・パブリック・サービシーズ(NPS)」を4億7500万ポンド(約713億円)で買収すると発表した。NPS社は英警察など公共向けにITサービスを提供しており、自社の生体認証技術などと組み合わせることで、英国など海外でのセーフティー事業を強化する。

投資ファンドから株式を取得、1月末の買収完了を予定している。

NECは成長戦略の一環としてセーフティー事業を強化しており、鑑識や出入国管理システムなどを中心に世界70カ国・700以上の納入実績があるという。

(志田義寧)

関連記事
トピックボードAD
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • Tリーグ成功への道のり
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。