「iPhone X」が実用面でも"買い"といえるワケ

iPhoneの未来を凝縮したモデルの真価とは?

「Phone X」は全面を有機ELパネルで覆った新しいデザインが採用され、ホームボタンも廃止された(筆者撮影)

アップルは10月27日、新型スマートフォン「iPhone X(テン)」の予約を開始する。発売は11月3日。日本では直販ではアップルのオンラインストアやリアル店舗(Apple Store)、キャリア系ではドコモKDDIソフトバンクのオンラインショップを通じて、10月27日16時01分から予約を受け付ける。

アップルで購入できるSIMフリーモデルは、シルバー、スペースグレーの2色とも、64GBモデルが11万2800円、256GBモデルが12万9800円(それぞれ税別)となる。

なお、11月3日の発売当日の午前8時から、Apple Storeでの予約なしの販売も行うと案内しているが、争奪戦になることが予想される。そのため、予約注文をしておくほうがよりスムーズに購入できるはずだ。

iPhone Xは、これまでのiPhoneの進化を踏襲しながら、ハイエンドのAndroidスマートフォンで魅力となっていた有機ELディスプレーやワイヤレス充電などの機能を備え、アップルが描く「未来のiPhone」のコンセプトを凝縮したモデルだ。

筆者は9月12日のイベントでiPhone Xに触れ、15分ほど操作した。その体験を振り返りつつ、期待が高まるこの新モデルについて、お伝えしていこう。

iPhone Xについて改めておさらい

両面にガラスパネルを用いたボディとなったiPhone X(筆者撮影)

iPhone Xは9月12日に発表された新型スマートフォンで、同日に披露されたiPhone 8、iPhone 8 Plusは9月22日にすでに発売されている。2017年モデルのiPhoneラインナップとして、iPhone 8シリーズとiPhone Xには、デザインをはじめ、ワイヤレス充電機能、プロセッサー、カメラなど、多くの共通点がある。

デザインは金属のボディから、両面にガラスのパネルを用いた金属フレームのボディへと改められた。これによって、ワイヤレス充電に対応し、Qi(チー)規格に対応する充電器をそのままiPhoneで利用し、“おくだけ充電”が可能となった。

次ページ省電力性と高い処理能力を誇るプロセッサー
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。