「マンション駐車場」が有効活用されない事情

運営会社による談合まがいの行為も横行

しかし、相見積書をよく見ると、B社からの見積もりの提出先はマンション名ではなくA社となっている。不審に思った理事長が、B社になぜ宛先がマンション名ではなくA社なのかを尋ねたところ、「A社に見積書を提出してほしいと頼まれたからですよ」。B社の営業員である七田誠(仮名)氏は悪びれることもなくこう口にした。

「機械式では取りたくない」

江東区のマンションがB社と交わした見積書。宛先が別の運営会社になっている(編集部)

重ねて料金算定の根拠を聞いたところ「うちはそもそも平置き専門(平面式駐車場)なので、機械式は取りたくない」と思わぬ答えが返ってきた。それなのになぜ見積書を提出したのか。「よくあることですよ。ほかの地域でうちが取りたい場合もあるし」(七田氏)。

つまり、B社はこのマンションではA社に有利な安い見積もりを出すので、別の平面式がある物件では自社に便宜を図ってほしい、というのだ。

今回東洋経済では、A社とB社に取材を申し込んだが、多忙を理由に期日までに回答を得ることはできなかった。

こうした談合まがいの行為がどれほどのマンションで行われているかはわからない。ただ、マンションの空き駐車場の外部貸し出しはなかなか増えていない。2012年からの約5年間で、最大手の日本駐車場開発ですら約50件程度。日本パーキングも同30件程度にすぎない。

次ページ価格面で折り合いがつかない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
介護大全<br>お金、仕組み、施設を全検証

突然、訪れる親の介護にどう向き合えばよいか。3640人へのアンケートによる経験者の声を基に、介護の悩みや不安の解消策を考える。介護保険サービス利用の全容、4つのケースで試算した介護費用、老後の住まい徹底比較など、具体例を満載。