イラン各地で反政府デモ、6日で死者21人に 

ハメネイ師「イランの敵国が扇動している」

 1月2日、イランの反政府デモが6日目に入り、死者が21人に達する中、イランの最高指導者であるハメネイ師(写真)はデモについて初めて公式にコメントし、イランの「敵国」がデモを扇動しているとして強く非難した。提供写真。2017年11月撮影(2018年 ロイター/Handout via REUTERS)

[ロンドン 2日 ロイター] - イランの反政府デモが6日目に入り、死者が21人に達する中、イランの最高指導者であるハメネイ師は2日、デモについて初めて公式にコメントし、イランの「敵国」がデモを扇動しているとして強く非難した。

テヘランではこの3日間で450人以上が逮捕

イランでは各地に機動隊が展開、デモの鎮静化に努めている。当局者によると、テヘランではこの3日間で450人以上が逮捕されたほか、全土で数百人が拘束された。一部の当局者は、死刑適用の可能性もあると語った。

ハメネイ師は、イランの敵がデモを扇動していると批判。「イランの敵はここ数日、カネや武器、政治、情報機関などのさまざまツールを利用して、わが国に問題を起こそうとしている」なとど強調した。

ヘイリー米国連大使は、デモに外国が関与しているとの主張について「ナンセンス」と否定。「デモは自発的なものであり、長く抑圧されてきた人々が独裁者に立ち向かおうとしている」とした上で、デモへの支持を表明するため、国連での緊急会合開催を要請する考えを示した。

関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。