ミキモトが真珠で「世界一」になった理由

うどん屋の長男だった創業者が掲げた「野望」

創業1899年のミキモトは真珠の販売量で世界を圧倒する(写真:ミキモト提供)

もうすぐクリスマス。大切な人へのプレゼントを求め、宝飾店が1年でもっともにぎわう時期だ。ジュエリー大手「ミキモト」も例外ではない。

この連載の一覧はこちら

同社は日本を代表する真珠製品メーカーだが、パリやニューヨークなど海外にも38店舗を展開。今年11月に米トランプ大統領夫人・メラニアさんが来日した際には、銀座4丁目本店に足を運んでいる。

どうやってミキモトは国内外で愛されるブランドになったのか。その歴史をひもとくと、困難を乗り越える工夫にあふれていた。

うどん屋の長男だった創業者

同社の創業は1899年にさかのぼる。創業者の御木本(みきもと)幸吉は1858年、鳥羽のうどん屋の長男として志摩国鳥羽町(現・三重県鳥羽市)に生まれた。当時、志摩の名産品の天然真珠は乱獲により絶滅の危機に瀕していたが、幸吉は真珠の魅力に着目し養殖事業にいち早く着手。相次ぐ赤潮の被害や資金難に見舞われたものの、1893年、35歳のときに世界で初めて半円真珠の養殖を成功させた。

1899年には銀座に日本初の真珠専門店を開き、この年を創業年と定めている。その後、1913年のロンドン支店開設を皮切りにニューヨーク、パリなど国際的に事業を展開。天然真珠に遜色ない品質ながら安価とあって人気を集めた。

次ページ養殖真珠で世界を席巻するも…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT