ミキモトが真珠で「世界一」になった理由

うどん屋の長男だった創業者が掲げた「野望」

1930年代の御木本真珠店(写真提供:ミキモト)

こうして各国で知名度を上げていく一方、天然真珠の価値低下を恐れた既存ジュエラーは、「ミキモト排斥」に動いた。なかでもフランスでは、「養殖真珠は偽物か本物か」で訴訟にまで発展。後に語り継がれる1924年に決着した「パリ真珠裁判」だ。

この裁判で学者から「養殖真珠は天然真珠と変わらないものである」と証明され、以後ミキモトの評判は世界でさらに広まっていった。各国で開かれる万国博覧会では、養殖真珠で作った五重塔などを出品、数多くの賞を受けている。

戦争で10年間事業停止に追い込まれる

粗悪真珠を焼却する幸吉(写真提供:ミキモト)

順風満帆に見えたミキモトだったが、1930年代に入り養殖真珠が普及すると、粗悪で安価なものが市場に出回るようになった。こうした状況に危機感を抱いた幸吉は、神戸商工会議所前の広場で粗悪真珠をかき集めて焼却し、日本の真珠の品質維持を国内外にアピールした。

さらに戦時中の1940年には、ぜいたくを禁止する「奢侈品等製造販売制限規則」が施行され、真珠養殖事業が禁止される事態となった。幸吉82歳のときである。終戦後もGHQにより真珠の一般売買が禁止され、我慢のときが続いた。

1949年にようやく真珠取引が解禁されると、一転して真珠の輸出促進が国によって図られ、ミキモトの復興も進んだ。幸吉は1954年に96歳で生涯を終えたが、「世界中の女性を真珠で飾る」という思いは今でも社員に受け継がれている。

次ページ現在の経営状況は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT