ピカソ「ゲルニカ」を生んだのは真実の報道だ フェイクが蔓延する時代のニュースとは

拡大
縮小

簡潔かつ切迫したものであると同時に、誇張ではなく詳細を記すことで爆撃の恐怖を伝えたこの報道は、ピカソが読んだパリの新聞も含め、世界中に配信された。そしてピカソは、ファシズムは道徳観念のない獣であると宣言する絵を描き始めたのである。

スティアによる報道の数日後、火事が残り火となったとき、フランコの側近たちが、当時の政治活動顧問を引き連れてゲルニカに入った。彼らは、密告者であるドイツ人とイタリア人が爆弾の破片や銃の薬莢を取り除き、そして街中に空のオイルドラム缶を設置した。

フランコ側の話を信じた記者たち

そして、フランコに友好的なジャーナリストらは、その後、バスク人が自ら火を放ち街を破壊したのだと伝えられた。それゆえ空のオイルドラム缶があったのだと。ポール・プレストンが著書『私たちはスペインが死ぬのを見た』を書いているように、すでに真実が伝えられているにもかかわらず、ほとんどの記者はフランコ側の話を信じ、それを世界中に伝えたのである。

実際のところ、それらの報道は薄っぺらで最悪なものであったが、被害者を非難するフランコ政権の努力は、それを鵜呑みにしたがっている人がいたために、正しいと信じられた。そして、爆撃を仕掛けた人々は解放され、フランコやその支持者の敵こそ悪である、というフランコ支持者たちの考え方を裏付けた。

フェイクニュースは、たびたび勇気ある報道を生み出した敵を非難する人々から発せられるということを示す意味から、スティアのような報道に光をあてる価値はある。

これは現在ドナルド・トランプ米大統領が日常的にやっていることである。大統領の強迫観念は、私たちがそれに慣れてしまい、それゆえその危険を無視してしまう危険があるほどに習慣化してきた。彼を支持する人々は、トランプ大統領やその支持者ではなく、彼らの敵が噓つきだと示すために異常なことでもやってのける。

次ページセクハラ記事を書かせようとした女性
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT