金正恩委員長「最先端兵器をより多く製造へ」

「火星15」の開発に携わった科学者らを表彰

 12月13日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は12日、大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」の開発に携わった科学者らを表彰するとともに、最先端兵器を「より多く」製造する方針を示した。写真は火星15の発射実験の時の金正恩朝鮮労働党委員長。提供写真(2017年 ロイター/KCNA)

[ソウル 13日 ロイター] - 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は12日、大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」の開発に携わった科学者らを表彰するとともに、最先端兵器を「より多く」製造する方針を示した。朝鮮中央通信(KCNA)が13日、報じた。

金委員長は軍需工業大会の閉幕に際して演説し、「核戦力を質量的に強化」するために科学者、技術者らが今後も「最先端の兵器・装備をより多く」製造し続けるだろうと強調。

より多様な兵器の開発・製造を進めるべきとの考えも示した。

火星15の開発や発射実験に携わった科学者らには同国最高位とされる金日成勲章、金正日勲章などを授与した。故金日成主席と故金正日総書記の名前が彫られた時計も贈られた。

朝鮮中央通信によると、金委員長は「独自の取り組みと技術で原爆や水爆、ICBM火星15を含む新たな戦略兵器体系を開発し、国家核戦力完成の大業を実現したことはわが党と人民の偉大な歴史的勝利」と宣言した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT