おなかを押すだけ!「冷え解消」マッサージ

みんなお腹が冷えている

太い血管が集まるおなかを押して全身の血流を促進(写真:Ushico / PIXTA)
冷えているところには脂肪がつきやすいので、ダイエットに体のあたためは必須。血の巡りをよくするマッサージとグッズで、全身ポカポカ大作戦スタート。
当記事はVOCEウェブサイトの提供記事です

「手でおなかを触った時に、手があたたかいと感じたら、それはおなかが冷えているサインです」と教えてくれたのは血管アンチエイジングを提唱する、アロマセラピスト・須藤万里さん。「本来、洋服で守られているおなかは、外に出ている手足よりあたたかくなければいけません。そこが冷えているということは、その下の内臓も冷えているため、便秘や生理痛といった不調を起こします。また、冷えている場所を守ろうと脂肪がつくので、下腹を中心に脂肪がついて、ぽっこりしたおなかに」。そんな冷えたおなかを芯からあたためて、さらに全身に血流を巡らせる秘策が、血管アンチエイジングマッサージ。「太い血管が集中しているおなかをやさしく押して、圧をかけながらさすると一気に血液が流れます。おなかだけでなく、全身がポカポカとあたたかくなりますよ」

おなかをあっためると全身があったまる

3秒かけて指を沈め、2秒止めて、3秒かけて指を離すのが基本のタッチ。空腹時がベストタイミングなので、寝る前か朝の排尿後に行おう。

【1】あお向けに寝てひざを立てて脚を開く

あお向けになり、両脚を軽く開いて、ひざを立てるのが基本ポジション。肩の力を抜いて、両手をおなかの上に。このポーズが一番おなかの力が抜けるので、マッサージの効果が上がる。

次ページまず、おなかにオイルを
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • コロナ後を生き抜く
  • 精神医療を問う
  • テレビのミカタ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT