米国人が悩む職場でのセクハラの「境界線」

#MeTooムーブメントで広がる男性の不安

職場でのセクハラの境界線に悩む米国人男性が増えている(写真:wavebreakmedia/PIXTA)

職場のハラスメントが国中の話題となり、米国の働く男性たちは困惑している。そして、多くの男性は自分が過去にハラスメントに関与してしまったのか、もしくはハラスメントのサインを無視しただろうかと思いあぐねている。

サンフランシスコのデザイン会社KBM Hogueのディレクター、オーウェン・カニンガム(37)は、最近は会社のクリスマスパーティのことを考えるとゾッとするという。

「パーティはキャンセルする」とカニンガムは言い、男女がどう交流すべきか答えが見つかるまでだと付け加えた。自分はジェンダーの問題については進歩的だと思っているが、過去の行動をよく振り返っているのだという。「誘惑するのはどんなものなら許されるのか? 自分が持つわずかばかりの力を悪用したことがあっただろうか? 考えてしまう」

#MeTooの対象になってしまっているのか

映画プロデューサーのハーベイ・ワインスタイン、ジャーナリストのマーク・ハルペリン、コメディアンのルイ・C・Kといった著名人がセクシュアルハラスメントで告発され、企業で働く男性たちはセクハラや性的暴行が蔓延していることに気づかされた。著名人のセクハラ騒動は、女性たちがソーシャルメディアで「#MeToo(私も)」というハッシュタグをつけて自らの被害を告白する運動も引き起こしている。

職場で女性を平等に扱っていると自負する多くの男性たちは、過去の行動を振り返り、自分も「#MeToo」の投稿の対象になるようなやり方で一線を越えてしまったのではないかと考えている。

「私は何も悪いことはしていないと思っている」と、プライスウォーターハウスクーパース(PwC)に勤務するサンフランシスコ在住のニック・マシューズ(42)は言う。「でも、私の行動は別の解釈をされてきたのだろうか?」。

次ページ境界線はどこ?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT