2030年コンピュータはどこまで人間に迫るか

格段進化の人工知能がヒトの仕事を奪う日

井上:AIで無数に曲をつくるというようなことは、すでに計画されていますし、実績も一応あります。いままではモーツァルトやバッハのまねをする程度でしたが、今後はポップスの曲をどんどんつくっていこうということになってくると思うので、既存の作曲家にとっては脅威になるでしょう。それでも、斬新な曲であるとか、オリジナリティの高い曲をつくるのは難しいのではないかと考えられます。

なぜかというと、つくられたメロディに対して、それが心地良いかどうかを判断するのは人間の脳であり、AIが人間の脳そっくりにはなかなかならないと思うからです。先に私が「AIを人間に似せる作業がずっと続く」と話したのも、そういう意味があるのです。人間がつくるようなオリジナリティのある曲を、AIがつくることはなかなかできないと思います。

あるいは、AIがたとえオリジナリティのある曲をつくったとしても、それは人間にとって心地良くない可能性が高いのです。AIが人間とまったく同じような感性を備えていないかぎり、AIの創作活動は人間の感性とは合わないあさっての方向に進んでしまうからです。

さらに、芸術分野のなかでも小説や映画のような複雑な構築物であればあるほど、AIにとって難しく、さらにハードルは高まるでしょう。逆に、コラージュアートや俳句のような構成要素が少なく、構造が単純な芸術分野であれば、AIにも面白いものをつくれる可能性があります。

現実がSFを超える日は近い

齊藤:ご承知のように、シンギュラリティの信奉者である「シンギュラリタリアン」を自任する私は、もう少しアグレッシブな経過をたどることを想定しています。

『人工知能は資本主義を終焉させるか 経済的特異点と社会的特異点』(PHP)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

井上先生が指摘されているクリエイティヴィティ、マネジメント、ホスピタリティについても、AIが人間の能力に匹敵するようになるのは案外早いのではないかという気がしていますが、これも本当に蓋を開けてみないとわからない部分なので、これから推移を見届けていく必要がありますね。

汎用人工知能がカギになるというのは同感で、現在はある機能や用途に特化して急速に発達している人工知能が汎用性を持つようになると、本質的にまったく異なる意味合いになってくるとおっしゃっているのもその通りだと思います。結局のところ、汎用人工知能がいつできるのかということが、われわれ人類の将来を非常に大きく左右することになりますね。

井上:齊藤さんは、汎用人工知能の登場は、もう少し早いとお感じですか。

齊藤:本質的な部分を考えると、2030年頃という見立てです。下手をすれば2025年にも、われわれが予想するよりもはるかに高度な汎用性を持った人工知能が出てきてもおかしくないと考えています。

そうした意味において、現実がSFを超える日は近いのではないかと私は思います。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • フランスから日本を語る
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT