2030年コンピュータはどこまで人間に迫るか

格段進化の人工知能がヒトの仕事を奪う日

社会の大変革は起こるのか(写真:Graphs / PIXTA)
人工知能(AI)が急速な進歩を遂げている。アメリカの未来学者レイモンド・カーツワイル氏によれば、「シンギュラリティ・ポイント(特異点)」、すなわち「人類の知性を調節する非生命的な知性」が出現し、その知性が人類の上に立つことで、私たちの想像を絶する社会の大変革が2045年頃にも起こるのだという。
AIは資本主義を終わらせるのか。人間は働かなくなるのか。スパコン・人工知能エンジン開発者の齊藤元章氏と、人工知能の研究にも携わった経験を持つ駒澤大学経済学部准教授の井上智洋氏の対談をまとめた『人工知能は資本主義を終焉させるか 経済的特異点と社会的特異点』から一部を抜粋する。

人工知能の急速な進歩

齊藤 元章:(以下、齊藤):わが国は2020年頃の稼働を目標に、京速計算機「京」の100倍の性能を持つエクサ(1エクサ=100京。1京は1兆の1万倍)スケールの次世代スーパーコンピュータの開発を進めています。

コンピュータの演算能力はフロップス(FLOPS)という単位で表されますが、たとえば1エクサフロップスの能力を持つスーパーコンピュータは、1秒間に倍精度の浮動小数点演算と呼ばれる計算を100京回、すなわち10の18乗回という超高速で行うことが可能です。

加えて、2030年頃にはその1000倍以上、2040年頃までには少なくともさらにその1000倍もの性能を持った次々世代スーパーコンピュータを、人類は手にすることになるでしょう。

その一方で、ここにきて人工知能(AI)も急速に進歩してきています。アメリカの未来学者レイモンド・カーツワイル氏が、1960年頃から提唱されてきた概念を2005年の著書で明確に整理して記し、「シンギュラリティ・ポイント(特異点)」、すなわち「人類の知性を超越する非生命的な知性」が出現し、その知性が人類の上に立つことで、われわれの想像を絶する社会の大変革が2045年頃にも起こると予想して大きな注目を集めています。

そして2030年には、その前段階となる「プレ・シンギュラリティ(前特異点)」が到来するとみられるわけですが、今後プレ・シンギュラリティやシンギュラリティによってどんな社会変革が起こりうるのかについて考えていく際には、お金と経済の問題が常について回るのです。

井上 智洋(以下、井上):そうですね。

齊藤:3年前には、これだけ多くの方がシンギュラリティについて議論をするようになるとは考えられなかったのですが、シンギュラリティサロンや井上先生の活動もあり、シンギュラリティもかなり浸透してきたと思います。

井上:最近では、ずいぶん世間に認知されてきましたね。

次ページ汎用人工知能がカギになる
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT