バリ国際空港、火山灰影響で閉鎖時間を延長

近隣の州などで10カ所の代替空港を用意

 11月28日、インドネシア運輸省は、バリ島のアグン山噴火による火山灰の影響で、同島のイ・グスティ・ングラ・ライ国際空港の閉鎖を現地時間29日午前7時まで24時間延長すると明らかにした。噴煙の上がるアグン山を見る地元住民。バリ島で撮影(2017年 ロイター/Darren Whiteside)

[ジャカルタ/アメッド(インドネシア) 28日 ロイター] - インドネシア運輸省は28日、バリ島のアグン山噴火による火山灰の影響で、同島のイ・グスティ・ングラ・ライ国際空港の閉鎖を現地時間29日午前7時まで24時間延長すると明らかにした。

現地の航空管理当局からの報告では「航空便の航路が火山灰で覆われている」という。

国内便の迂回のため近隣の州などで10カ所の代替空港が用意されている。

アグン山は近く、54年ぶりの大規模な噴火を起こす可能性があることから当局は27日、近隣住民10万人に直ちに避難するよう指示した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。