バリ国際空港、火山灰影響で閉鎖時間を延長

近隣の州などで10カ所の代替空港を用意

 11月28日、インドネシア運輸省は、バリ島のアグン山噴火による火山灰の影響で、同島のイ・グスティ・ングラ・ライ国際空港の閉鎖を現地時間29日午前7時まで24時間延長すると明らかにした。噴煙の上がるアグン山を見る地元住民。バリ島で撮影(2017年 ロイター/Darren Whiteside)

[ジャカルタ/アメッド(インドネシア) 28日 ロイター] - インドネシア運輸省は28日、バリ島のアグン山噴火による火山灰の影響で、同島のイ・グスティ・ングラ・ライ国際空港の閉鎖を現地時間29日午前7時まで24時間延長すると明らかにした。

現地の航空管理当局からの報告では「航空便の航路が火山灰で覆われている」という。

国内便の迂回のため近隣の州などで10カ所の代替空港が用意されている。

アグン山は近く、54年ぶりの大規模な噴火を起こす可能性があることから当局は27日、近隣住民10万人に直ちに避難するよう指示した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT