黒田日銀総裁のスイスでの発言は意外だった

FRBの金融政策正常化が際立った2017年

11月2日、トランプ大統領は次期FRB議長にパウエルFRB理事(64歳)を昇格させることを発表した。同氏は法律専門家で、ウォール街出身だ。10月13日にFRB副議長に就任したクオールズ氏とは同僚で、同様に金融規制の見直しに理解がある。共和党主流派と近く、ムニューシン財務長官が推薦していた。

2012年からFRB理事を務めているが、中道派として議長を支え、FOMCで反対票を投じたことはない。バーナンキ前FRB議長は回想録で、パウエル氏を「穏健で合意形成を重んじる人」と記している。有力候補者の中ではハト派と位置付けられたが、イエレン議長の緩やかなペースでの利上げ路線を引き継ぐとみられる。トランプ大統領は独自色を出すため、議長交代を優先させた。しかしながら、過去4人のFRB議長がエコノミスト、経済学者だったことから、パウエル氏の力量を不安視する声もある。

パウエル議長、いずれは手腕が問われる場面に

現在のように世界経済が回復軌道にある間は、誰がやっても同じと思われるが、手腕が問われるのは株価の急落や、景気に変調を来たした(後退期に向かっていく)時だろう。かつて1987年、グリーンスパン氏が議長に就任した2カ月後に、ブラックマンデーに見舞われた。その危機に迅速な流動性供給で対応し、市場の信認を得たのは語り継がれる武勇伝だ。あれから30年、現在の米株は過熱感なく高値圏での推移を続けている。その前提には、利上げ局面でも2%台前半で低位安定する米長期金利の存在がある。引き続き市場とのコミュニケーションは重要となろう。

まずは、11月28日に上院銀行委員会でパウエル氏の公聴会があり、お手並み拝見となる。足元で米国経済は3%成長を持続している。新議長が就任する頃(就任日は来年2月4日)の18年1~3月期にその反動減が出てこないか、まずは注意する必要がありそうだ。

なお今月14日のECB(欧州中央銀行)主催の会合でイエレン議長は、「市場は金融政策の確実な方針を求める」と語った。思い返せばイエレン氏も、議長就任後初の2014年3月FOMC後の会見で、洗礼を浴びていた。利上げ時期について聞かれて、量的緩和終了から「相当の期間」と答えて、「おそらく6カ月かその辺り」と具体的に言及。この発言で市場の利上げ前倒し観測が強まり、米株、米債を急落させた。スタート時の明らかな失敗が、その後の彼女を安全運転に導いたと言っても過言ではない。29日にはイエレン議長も議会証言の予定だ。議長を退いても、2024年1月まで任期が残る理事ポストにとどまる観測も絶えず、本人の心中を汲みとれる機会となろう。

次ページ2017年の日米欧中銀総裁の名言は?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT