EV普及を阻む「コバルト不足」は解決できるか

新たな産出地域や技術革新が必要だ

「コバルトを使わない」EVの研究も進められている(撮影:大澤 誠)

電気自動車(EV)の未来は、コバルトという、たった一つの素材が不足することでくじかれてしまうのか。仮にそうだとすれば、地球温暖化に対抗するための強力な武器を私たちは失うことになる。電力部門を除くと、先進国において自動車は温室効果ガスの最大の排出源だからだ。

EVによって、どれだけの二酸化炭素(CO2)が削減可能か見てみよう。全米科学アカデミーによると、日産「リーフ」のCO2排出量はガソリン車の半分、トヨタ「プリウス」と比較しても1割少ない。クリーンエネルギーによる発電の割合が高まっていけば、ガソリン車やハイブリッド車(HV)に対するEVのアドバンテージはさらに大きくなる。

2040年までに新車販売の約5割がEVに

EVの製造コストは予想をはるかに上回る速度で低下し、性能向上も予想をはるかに上回るペースで進んでいる。その結果、市場規模の予測も上方修正が相次いでいる。世界の公道を走るEVは2016年で200万台に達した。各自動車メーカーによると、家庭用電源から充電可能なプラグインHVも加えれば、EVの普及台数は25年までに4000万~7000万台へと拡大する見通しだ。

米モルガン・スタンレーによれば、EV販売は2040年までにガソリン車を抜き、そのマーケットシェアは2050年までに69%に到達。ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンスは「2040年までに新車販売の54%、保有台数の33%がEVになる」と予想する。

見通しが上方修正されている背景には、地球温暖化対策が強化されていることもあるが、さらに重要なのは技術発展だ。EVに搭載されるリチウムイオン電池のコスト低減は、従来予想を10年以上も前倒しするペースで進んでいる。

次ページ性能も向上している
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。