「007」地下鉄アクション撮影の秘密を追え!

ロンドンの「聖地巡礼」はこんなにスゴい

今にも列車が進入してきそうな廃駅のプラットホーム。防災上の理由からパネルが外され、鉄骨がむき出しとなっている。黄色いパネルの部分は、出口があることを示していた(筆者撮影)
――サイバーテロリストのラウル・シルヴァを捕らえることに成功した「007」ことジェームズ・ボンド。地下壕の改造によって建設された新しいMI6本部では、押収したシルヴァのパソコンを解析していた。ところが、仕掛けられていたウィルスによりMI6のコンピューターはハッキングされ、シルヴァを捕らえていた牢屋のカギも解錠されてしまう。脱出に成功したシルヴァは仲間が用意した警察官の制服に着替え、地下鉄テンプル駅からサークル線に乗車して逃走。猛然と追いかけるボンド――

映画「007」シリーズの中でも、歴代1位の興行収入を誇る『007 スカイフォール』(2012年公開)。その迫力あるアクションシーン、中でもとりわけロンドンの地下で繰り広げられる息をのむ追跡シーンの連続に、観客はスクリーンに釘付けとなった。

シルヴァを追っていたボンドが地下道を抜けるとテンプル駅にたどり着くというシーンから、MI6の地下本部は地下鉄サークル線のテンプル駅近くにあることがうかがえる。しかし、もちろん本物のテンプル駅を使って撮影しているわけではない。

撮影現場の廃駅へ潜入!

そんな地下の撮影は、いったいどこで行われていたのか。

これらの撮影は、路線延伸とルート変更のために1999年11月限りで廃線となった、元ジュビリー線のチャーリング・クロス駅プラットホームと駅構内、それに工事の際に使用されたトンネルや通風孔などを使って撮影しているのだ。

2016年6月26日の東洋経済オンライン記事「ロンドン地下鉄の「廃駅探険ツアー」は超レア」でご紹介した通り、ロンドン地下鉄では年に数回、普段は立ち入ることができない場所への探検ツアーを実施している。非常に倍率が高く、発売と同時に売り切れてしまうこれらのツアーだが、中でもこの映画の撮影現場として使われた、旧チャーリング・クロス駅ツアーは非常に人気が高い。

これまで数度、申し込みをするも即完売で涙を呑んだが、今回ようやく参加することができた。そのツアーの様子を、映画のシーンと絡めながらご紹介しよう。

次ページ停まったエスカレーターで地下深くへ
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
キオクシアが株式公開<br>2兆円上場に潜む「死角」

旧東芝メモリHDのキオクシアHDが10月6日東証に上場します。想定時価総額は2兆円を超え、旧親会社の東芝を大きく上回っています。3年以内の株式公開、半導体世界10傑入りと着実な歩みに見えますが、実は順風満帆ではありません。その課題とは。

東洋経済education×ICT