「72時間ホンネテレビ」が示した3つの本質

地上波が失ったものがそこにはあった

これは、「視聴率につながるリアルタイム視聴者層と、ネットテレビの視聴者層は別である可能性が高い」ということ。ただし、テレビ局はこの結果に安穏としていられません。

この3日間、私の周りにいる40・50・60代の男女各5人(計30人)に、「『72時間ホンネテレビ』を見ましたか?」と尋ねたところ、14人が「見たいのに見方がわからなくて見られなかった」、10人が「見ようと思わなかった」、6人が「見た」と言っていました。

計30人と少ないサンプル数ではありますが、「日頃ネットでニュースやゲームを楽しみ、FacebookやLINEを使っている40・50・60代の男女ですら、まだAbemaTVの使い方はわからない」という人が約半数を占めたのです。

現状は40代以上の層にはネットテレビやテレビ画面でのネットコンテンツ視聴が浸透していないだけであり、ネットコンテンツをテレビ画面で見られる機器であるAmazon Fire TVやGoogle chromecast(クロームキャスト)などの普及が今後進んだら……何か手を打たないかぎり、さらにテレビ番組の視聴率は下がってしまうでしょう。

また、「東洋経済オンライン」などのネット媒体においても、ネットテレビの存在は脅威です。実数こそ発表されていませんが、「72時間ホンネテレビ」が放送された3日間は、「各ネット媒体のページビューやユニークブラウザなどの数値が下がった」という話を聞きました。

今後は、テレビ番組、ネットコンテンツ、電子書籍などが、ますますテレビ、パソコン、スマホの画面を奪い合う争いが激化していくでしょう。今回の「72時間ホンネテレビ」やネットテレビが、その争いに名乗りを上げたのは間違いありません。

いつか5人で“サードステップ”を

最後に話を3人に戻すと、今回は「彼らへの飢餓感と期待感が好結果につながった」という側面がありましたが、この先は不透明。しかし、真摯で謙虚、挑戦的かつ柔軟な彼らなら、ライトなファン層もつかんでいくのではないでしょうか。

企業の経営判断としても、テレビマンの判断としても、今回のポジティブな結果を生かさない手はありません。年末年始あたりに再びAbemaTVで「〇時間ホンネテレビ」が見られるのでは……いや、いきなりレギュラー番組としての発表があっても驚かないのです。

さらには、NetflixやAmazonプライム・ビデオなどの動画配信サービス、もしかしたら地上波への出演が決まるかもしれません。彼らは自らの手で、そう思わせるほどの状況に持ち込んだのです。

3人にとって現在の状況は、SMAP時代の“ファーストステップ”に続く、“セカンドステップ”。コアなファンにとって「72時間ホンネテレビ」は、皮肉にも5人での再集結がないことの証明になってしまいましたが、必ずしも悲観してはいないでしょう。

セカンドステップが成功したら……いつか5人での“サードステップ”だって。3人があえて中居正広さんや木村拓哉さん、そしてジャニーズ事務所について、ことを荒げず口をつぐんだことで、その希望がつながったのも、また事実なのです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT