デザインは相手ありき、芸術は相手不在

「モテモテ」の称号、15年ぶりに完全委譲?

──客観的に分析していくので、やっぱりプロデューサーに向いているんじゃないですかね。

ムーギー: こういう強いコンセプトを持っている人ってやっぱり強いよね。

もうひとつ、君、周りの偉い人に盛り立ててもらうのがうまいやろ。彼らはなんで君にアプローチしてくるわけ? 君は将来、成功しそうやから、一緒にいたらええことあるなっていう下心か、もしくは君、かわいげがあるから、ちょっと引っぱったろかっていう善意か。どういうことなの?

Tehu: それに対する自己分析ですか?

2年懲役食らっただけのことはあるホリエモン!?

ムーギー: ウワサによると、君、ホリエモンとも仲ええらしいな。

Tehu: ホリエモンさん、すごいサバサバしているところが好きです。ボクはけっこう深く考えすぎて、本質が見えなくなることがあるんですけど、そのときに、たとえば堀江さんに相談すると、スパッと切って「こうじゃない?」って示してくれるんです。それにハッとさせられる。あっ、それもアリかって。

ムーギー: さすがは堀江さん、ええこと言うな、さすが2年懲役食らっただけのことはあるというのは何かある?

Tehu: このまえ、ボクとホリエモンさんがトークショーをしたときに、観客から質問があったんです。「今、インターネットによっていろいろなオンラインショップが流行りだして、一方で、商店街なんかのリアル店舗がどんどん減って、とくに個人商店が減ってきている。それをITが助けることはできないか?」って。

ムーギー:ITなんかリアル店舗、潰すに決まってるがな。

Tehu: そうなんです。それでどうしたらいいのか、ボクは悩んでわかんなかったんですけど、ホリエモンさんは「ITが流行ったのは時代の流れだから、リアル店舗が潰れてもいいじゃん」ってスパッと切った。観客のみなさんは「えっ」って感じで、ボクはホリエモンさんらしいな、ほんとそうだよなって思っちゃったんです。

ムーギー: あの人は何回ぶち込まれてもまだ反省してへんな。あと2年懲役や! 意図的にそれをやってるんやろうか。 

だってね、たとえば小さいパパママショップって経済の非効率のおかげで成り立っているわけ。いうなれば社会福祉の民間バージョンや。非効率によって富が分配されてる。国の財政も痛んで国自体が富の分配機能を果たせなくなったときに、ほかの分配機能っていったら、やっぱりそういう非効率なわけや。そこをIT、もしくは規制緩和による大店舗化でセーブしてしまうと、格差が拡大する方向にどんどん進むわけよね。

かといって経済効率性は当然、必要なんだけれども、行政のバックアップや受け皿がないなかで効率化をバッと進めてしまったときに、この経済難民の人たちをどうするのか。その解決策がないなかでスパッと切り捨てるというのは、やっぱりホリエモンはあと2年(懲役)や!

まあ、堀江さんはたぶん違う意図があって言っていると思うから、対談しているわけじゃないのに勝手にこんなこと言うのはあれやし、次回ホリエモンとの対談セットしといてくれる?

──(笑)わかりました。

ムーギー: あー、これでもう1個ビジネスできたわ。 

(撮影:尾形文繁) 

※ 続きは10月19日(土)に公開します

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 女性の美学
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地方反撃 <br>「稼ぐ街」は何が違うのか

政府が地方創生を掲げてから4年半。地方の人口減は止まらず、地方経済は衰退している。地方創生には何が必要か?地域活性化に成功している街を徹底的に分析、再生のための具体的な処方箋を探る。自治体や街づくりの関係者にはアイデア満載の特集。