デザインは相手ありき、芸術は相手不在

「モテモテ」の称号、15年ぶりに完全委譲?

Tehu: それを決めていたら、ボクはたぶん慶応に行かない。

ムーギー: ああ、もうMIT(マサチューセッツ工科大学)に行くわけやね。

Tehu: いや、MITでもないと思います。大学行かずに専門学校に行きます。

ムーギー: まだ決まってへんから、もうちょっと自由に考えられるSFCに行こうかと。

Tehu: そうです。SFCで自由に考えるかどうか、それは今のところわかりません。あくまでも何かチャンスがあると信じて行くわけです。

グローバルエリートとして燦然と炎上

ムーギー: でもSFCで教えを受けたい教授がいるとか、陰で密約があって慶応側からおカネをくれるとか何かあるわけでしょ。いったい何が目当てなの?

Tehu: (笑)違います! 普通に教授の方に知り合いはたくさんいます。でも一番大きいのは、SFCの生徒さん。SFCの出身者にいっぱい知り合いがいて、基本的に大好きなんです。

──(ムーギーさんを指して)One of them.

Tehu: そうなんですか?

ムーギー: あそこね、本当に素晴らしい先輩がいらっしゃるから。そのうちの約1名、グローバルエリートになられたんですよ。今ね、グローバルエリートとしてね、燦然と輝いていらっしゃるというか、燦然と炎上していらっしゃるというかね。

Tehu: (笑)

ムーギー: たしかにめっちゃ面白い大学やったけれども。で、そこで君は何を勉強したいわけ?

心は解析できないからアプローチするしかない

Tehu: メディアデザインです。メディアアートと言ったほうがいいか。メディアアートをあそこではやりたいなと思っています。

ムーギー: 何それ?

Tehu: つまり、デジタルとアート。ボクはデジタルデザインと言っているんです。なぜならアートというのは自己主張だから。デザインは相手がいるから。デジタルとデザインを使って、いかに相手の心の深いところにアプローチできるかをやってみたいんです。

人間の心って、哲学もそうですけど、その議論によってどこまでアプローチできるかが問題で、心というものを解剖して仕組みから判断するってできないじゃないですか。だからアプローチするしかないんですよ、自分のことを。

ムーギー: 心は解析できないからアプローチするしかない。ほんで、ほんで?

次ページホリエモンはあと2年懲役や!
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ドンキの正体<br>次代の流通王か永遠の異端児か

かつての「ヤンキーのたまり場」ドン・キホーテが破竹の攻勢をかけている。総合スーパーへの居抜き出店などで品ぞろえも客層も拡大、海外出店も加速する。一方、不動産事業や深夜営業では非常識ぶりを温存。異端児の知られざる実態を解明する。