半沢直樹が、島耕作に化けるための条件

「倍返し男」は出世できるのか?

営業課長として部下からの信頼は高いのですが、何かと会社の批判を口にすることが会社のキーマンのお目がねから外れる要因になったようです。会社での昇進は、管理職になるくらいまでは目先の業績で決まりますが、そこから先はキーマン次第というのが現実です。

ゴマをするべき、と言いたいのではありません。重要なのは、キーマンから見て「人の上に立つ人材」とか「わが社の幹部にふさわしい」と思われるかどうかです。島耕作も、世間で抜擢されていく人も、こうした「お目がね」にかなったから引き上げられ出世していくのです。なので、出世したいなら、キーマンの「お目がね」の基準を理解して仕事をするのも大切かもしれません。

ちなみに島耕作の仕事ぶりはどうだったのか? 当初、課長時代は出世が遅れぎみであったのに、部長になってから急激に出世街道を驀進します。そんな出世街道に乗れた理由を分析した「島耕作に学ぶ出世の秘訣」というサイトがあるのですが、そこで当方が注目した出世するためのポイントを3つ紹介します。それは、

・出向や異動を打診されたら、よく考えたうえでイエスと返答
 ・当初の方針とは違っても、目的達成のためなら迷わず方針を変換する
 ・自分の考えに固執せず、郷に入りては郷に従う

要は「柔軟性があり変化に強く、いかなる状況にも対応ができそう」と思える仕事ぶりであることです。

いくら今の仕事で活躍していても、融通が利かない、ひとつのことに固執するのではダメだということではないでしょうか。まさに変化に強いことを示せることが、引き上げられる人材のキーワードなのかもしれません。

これまで取材してきたケースを振り返っても同じことが言えます。会社で管理職から役員へと順調に出世している人は変化に強く、柔軟に対応ができるタイプの人ばかりでした。さらに言えば、自己主張が強すぎず、周囲の意見を受け入れることができる。こうした人が出世していく傾向があるようです。

さて、一般的に出世する人は「やり手」でアクレッシブなイメージ。かなり実態と懸け離れていませんか?一方の半沢直樹はどうか。これからの出世レースにも注目していきたいものです。
 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • はじまりの食卓
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。