スペイン首相、カタルーニャ州政府閣僚解任

州議会も解散、12月に選挙へ

10月27日、スペインのラホイ首相(写真)は独立を宣言したカタルーニャ自治州政府の閣僚を解任し、議会を解散、さらに12月21日に総選挙を実施すると発表した。写真は27日、マドリードで撮影(2017年 ロイター/Susana Vera)

[マドリード 27日 ロイター] - スペインのラホイ首相は27日、独立を宣言したカタルーニャ自治州政府の閣僚を解任し、議会を解散、さらに12月21日に総選挙を実施すると発表した。

同州議会はこの日、独立に関する動議を賛成多数で可決し、スペインからの独立を宣言した。

ラホイ首相はテレビ演説で「カタルーニャの住民が将来を決定することができるよう、すべてのカタルーニャ住民の声に耳を傾けることが急務と確信している。カタルーニャ住民を代表した違法行為は許されない」と語った。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT