スペイン首相、カタルーニャ州政府閣僚解任

州議会も解散、12月に選挙へ

10月27日、スペインのラホイ首相(写真)は独立を宣言したカタルーニャ自治州政府の閣僚を解任し、議会を解散、さらに12月21日に総選挙を実施すると発表した。写真は27日、マドリードで撮影(2017年 ロイター/Susana Vera)

[マドリード 27日 ロイター] - スペインのラホイ首相は27日、独立を宣言したカタルーニャ自治州政府の閣僚を解任し、議会を解散、さらに12月21日に総選挙を実施すると発表した。

同州議会はこの日、独立に関する動議を賛成多数で可決し、スペインからの独立を宣言した。

ラホイ首相はテレビ演説で「カタルーニャの住民が将来を決定することができるよう、すべてのカタルーニャ住民の声に耳を傾けることが急務と確信している。カタルーニャ住民を代表した違法行為は許されない」と語った。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。