カタルーニャ州がスペインからの独立を宣言

スペインはこれからどうなってしまうのか

10月27日、スペイン・カタルーニャ自治州の州議会は独立に関する動議を賛成多数で可決し、スペインからの独立を宣言した。写真は27日、バルセロナで撮影(2017年 ロイター/Juan Medina)

[バルセロナ/マドリード 27日 ロイター] - スペイン・カタルーニャ自治州議会(定数135)は27日、独立に関する動議を賛成多数で可決し、スペインからの独立を宣言した。

中央政府は直後に上院の承認を受け、カタルーニャ州の直接統治に動き、自治をはく奪した。スペインのラホイ首相は、平静を呼び掛けるとともに、カタルーニャ州に法の支配が戻るとの認識を示した。

ラホイ政権は同日夕、閣議を招集して統治に向けた最初の措置を承認する。自治州政府当局者の解任や、地元警察の直接指揮などを含む可能性がある。

ラホイ大統領は上院での演説で「他の修復手段が考えられない場合にのみ、例外的な措置を採用すべきだ」と述べた。

欧州連合(EU)のトゥスク大統領は、独立投票に伴う変化は無く、中央政府のみを対応相手とする方針を示した。

米国、英国、フランス、ドイツも直ちに独立宣言を一蹴、スペイン統一維持に向けたラホイ氏の取り組みに支持を表明した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • iPhoneの裏技
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。