朝ラッシュの大手私鉄「全国一」遅い列車は?

一見「ノロノロ」でもちゃんとワケがある

そして第1位に輝いた(?)のは、阪神本線(元町―梅田・32.1km)の普通列車。所要時間88分、表定速度は21.9km/hであった。なぜこれほど時間がかかるのかに関しては、やはり「関西大手私鉄」朝のノロノロ運転ランキングで述べたが、途中の御影、西宮で7分、尼崎センタープール前、千船で6分など長く停車し、優等列車との接続や通過待ちなどを行うからだ。

「遅い列車」に見えるダイヤの工夫

しかも同線は朝ラッシュ時、6時台~8時台の間は直通特急と普通がほぼ5分ごとに交互に発車している。つまり、早く遠くの駅まで行きたい乗客には決して負担をかけない、実に効率よいダイヤを組んでいる。「遅い」といっても、単にノロノロ走っているわけではなく、ダイヤの工夫の結果なのだ。

「遅い列車」といっても、優等列車を速く走らせるための通過待ちや接続のためだったり、あるいは数多くの列車を走らせて輸送力を増すためだったりと、各社・各線によってさまざまな理由が存在する。

調べれば調べるほど、各鉄道会社それぞれの乗客のニーズに合わせ、利便性よく運ぶ工夫をしているかがわかる調査であった。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT