インスタ映えだけじゃない現代アートの役割

日本とドイツで芸術イベントはこんなに違う

ドイツの芸術祭で誰もが行き来する広場に展示された第1次世界大戦のコミック画。世代を問わず見入る人が多かった(筆者撮影)

奥能登、種子島、北アルプス、札幌――。これらの共通点にピンときた方は結構な芸術通だろう。以上4つの土地では今年、現代アートのお祭りが開催されている。

近年、アート関連のイベントが日本で盛んだ。とりわけ地方では地域活性や地域ブランディングの観点から、国内外からアーティストを呼び込み活発に行われている。2016年の「瀬戸内国際芸術祭」(岡山県・香川県)には104万人が来場し、経済波及効果は139億円と試算される(日本銀行高松支店と瀬戸内国際芸術祭実行委員会推計)。写真撮影が可能なインスタレーション(展示)が多く、インスタグラムなどSNSとの親和性の高さも人気の一因だろう。

ドイツでも芸術祭は根強い人気

ドイツの地方都市でも同様に、たくさんのアート関連イベントが開催されている。世界最大の現代アートの祭典「ドクメンタ」(カッセル市)や「ミュンスター彫刻プロジェクト」(ミュンスター市)はその代表格だ。

日本もドイツも花盛りのアートイベントだが、戦後に増えたドイツに比べ、日本はこの20年ぐらいで、ぐっと増えた。そして両者には決定的な違いがある。それは作品やプログラムに政治・社会的メッセージが色濃く反映されているか否かだ。

ドイツ中南部・エアランゲン市で開催された文学フェスは、市街中心地の宮殿庭園がメイン会場となった(筆者撮影)

たとえば、筆者が住むドイツ中南部のエアランゲン市で隔年開催のコミック関係のフェスティバル「インターナショナル・コミックサロン」では、第1次世界大戦勃発から100年の2014年に大戦をモチーフにしたコミック画が市街中心地の広場に展示され話題となった。

また、毎夏開催の文学フェスティバルでは、今年は同市にたどりついた難民の若者による「ドイツについて」のプレゼンテーションや報道の自由についてのパネルディスカッションといったプログラムが用意された。過去には連邦家族大臣を招き、作家たちとワークライフバランスに関するディスカッションが開かれるなど、現代社会の課題に踏み込んだ内容が盛り込まれている。これらは庭園にいすが並べられただけで、誰もがふらりと無料で聞くことができる。

次ページ一方、日本の「文化芸術立国」の中身とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。