「歩行支援ロボット」の最新技術が凄すぎる

「寝たきり」となった人への光明

東京理科大学の小林宏教授は2004年にアクティブ歩行器の開発に着手し、現在はほぼ完成形の段階だという(撮影:梅谷秀司)

福祉現場での深刻な人手不足を背景に、国は2013年から介護ロボットの開発、普及に戦略的に取り組んでおり、2015年には52億円の補正予算を計上して、介護施設などへの普及に力を入れている。介護ロボットにはさまざまな種類があるが、大きくは2つに分けられる。介護する側をサポートするのが「介護支援型」。利用することで、車いすなどの移乗や入浴などの介護にかかる力を低減できる。そしてもう1つは、「自立支援型」。体が不自由な人をサポートするもので、リハビリや機能回復、生活動作の補助に役立てる器具だ。

特に前者の、介護者をサポートする器具については多くのメーカーが開発しており、国や県の補助を受けて普及が進みつつある。

一方「自立支援型」だが、こちらも用途に応じてさまざまなタイプが開発されている。ただし体が不自由な人が身に着けて用いるものとなると、体の状態がそれぞれ異なるため汎用化が難しく、安全性確保の面でもハードルが高い。

”動けない人が動けるようになるためのロボット”目指し

それら開発・普及に困難の伴う「自立支援型」のなかでも、自分の足で立って歩けるようサポートする「アクティブ歩行器」に取り組んでいるのが、東京理科大学でロボットを開発する小林宏教授だ。

「私がロボットの開発に取り組み始めたのは2000年。夢のある人型ロボットの開発が話題になっていたが、私自身は、“動けない人が動けるようになるためのロボット”を目指していました」(東京理科大学工学部機械工学科の小林教授)

アクティブ歩行器の開発に着手したのは2004年。歩行が困難な人に試してもらう“治験”で改良を繰り返しながら試作品を製作しており、現在、ほぼ、完成に近い段階に至っている。

次ページ転倒の危険がないという特徴
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。