会社にいるいる!「姿勢ワル子」のここがダメ

悪い姿勢を助長する生活習慣を探せ

姿勢美人を目指そう!
当記事はVOCEウェブサイトの提供記事です

1日の3分の1以上の時間を過ごすオフィス。この時間×最低5日間、悪い生活習慣を続ければ、当然姿勢が悪くなることは間違いありません。

「オフィスの生活習慣あるある」を自分自身の生活と比べてみて、もし思いあたったら、今日からその悪習慣から脱しましょう。

1.1日中高いハイヒールをはいて過ごす

ヒールをはくと体重が前に乗り、体勢を支えようと腰が反ってバランスをとるためにひざが曲がる。長時間の着用でその姿勢が慢性化。

ソファは正しい座り姿勢をキープしづらいので要注意

2.ソファに座ってスマホをのぞき見

お尻が沈むソファは正しい座り姿勢をキープしづらい。そこでスマホをのぞき見れば、背中が丸くなり、内またに。

次ページバッグや荷物は左右交互に
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。