「人生で一番大切な保険」を知っていますか? 「子どものためだから」と生命保険に入る前に

印刷
A
A

ここで社会保険の登場です。公的年金に加入していると本人が亡くなった場合、遺族に対して年金が支給されます。サラリーマンの場合だと遺族基礎年金と遺族厚生年金があります。

子ども2人なら遺族向け基礎年金が毎年122万円

仮に子どもが2人いる場合、遺族基礎年金は子どもが18歳になるまでは毎年約122万円が遺族に支給されますし、遺族厚生年金も条件によって異なりますが、多くは年間30~40万円程度は支給されます(実際の金額は、ケースによって異なるため、一律ではありません)。

さらに、この若い旦那さんが勤めている会社によっては、会社から弔慰金が出ることもあります。それらに加えて、自分たちが持っている貯金も合わせた金額を計算し、数年間生活するために必要な金額に足らない部分だけ生命保険に入ればいいのです。

ここで読者の皆さんは「でも、なぜ数年間なの?」と思われるかもしれません。「生涯にわたる保障は必要ないのか?」と。

もちろん、旦那さんを亡くした奥さんの悲しみは深いものです。おそらくその悲しみは決して癒えることはないでしょう。しかしながら、いつまでも泣き崩れているわけにはいきません。生活していくための手段を考えなければなりませんから、少なくとも何年かすれば奥さんは働きに出ることが考えられます。また、別な良縁があって再婚することになるかもしれません。こういう場合に残された一家が食べていくケースは3通りあります。

1. 奥さんが再婚して専業主婦を続ける。

2. 奥さんが働いて一家の暮らしを支える。

3. 一生、遊んで食べていけるだけのおカネが用意されている。

このうち、「最も現実的なケース」は上の1から3のうち、どれだと思われますか?

次ページ再婚して主婦?奥さんが働く?一生分のおカネを準備?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT