「筋トレの鬼」は、結局何を食べているのか

最強の食事法「マクロ管理法」の全貌

筋トレオタクたちが愛用している最強の食事法とは?(写真:cba / PIXTA)
肌の露出が増えるこの季節、ダイエットに励む人は多いだろう。だが、世の中には間違った食事法によるダイエットが散見され、お世辞にも健康的とはいえないものが非常に多い。『筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方』の著者であるTestosterone氏は、そんな状況に警鐘を鳴らす一人だ。彼が勧める最強の食べ方「マクロ管理法」について語ってもらった。

インチキダイエットにだまされていないか

私は猛烈に怒っている。日本のダイエット業界にはびこる“インチキ”に対してだ。科学的根拠のないダイエット方法を甘い言葉を使って垂れ流し、その後のフォローはいっさいなし。「日本に正しい筋トレと栄養学の知識を普及させること」をライフワークとしている私としては心底腹が立っている。食事に関する知識は一生モノだ。読者の人にはそんなインチキにだまされないでほしいし、正しい知識を持って健康的な人生を送ってほしい。

具体的にはどうするか、ということになるが、その答えは非常にシンプル。筋トレオタクに聞けばいいのである。日本ではあまり知られていないが、筋トレオタクは“ダイエットのプロフェッショナル”。体重80kgオーバーで体脂肪1ケタを目指し試行錯誤しているような人たちであり、筋肉を残して体脂肪を減らすことに全身全霊を注いでいる。そんな彼らにしてみれば、一般人のダイエット指導なんて朝飯前。彼らのように日々筋肉中心の生活をせよとは言わないが、そのメソッドの中には一般人も大いに参考にすべきものが多くある。

早速だが、筋トレオタクたちが減量をするとき、何をするかご存じだろうか。ランニング? 普段の筋トレをもっとハードにする? どれも不正解だ。彼らにとって減量とは、普段の筋トレを続けながら“食事管理を厳格にすること”。これは筋トレオタクたちの間では常識となっている。

アメリカには、「ダイエットの結果は食事が8割、運動が2割」という言葉があるぐらいだ。「ちょっと筋トレは……」という人も、彼らの食事管理法から学べることは多い。たとえ筋トレできないとしても、食事管理さえマスターすればあなたの体型や健康は大幅に向上する。

次ページマクロ管理法を知っているか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT