34歳年収650万女性看護師が貯金ゼロの理由

原因は「ストレス解消買い」だけではなかった

仕事のストレスをためすぎると、おカネは逆に貯めにくくなることも。どうすればいいのか(写真:Ushico/PIXTA)

今回、読者の皆さんにぜひお読みいただきたい「マネー相談」は、看護師の Kさん(34歳)のお話です。独身のKさんの年収は650万円ほど。

看護師さんの仕事は当然忙しいので、「運用の相談かな?」と思ったら、さにあらず。なんとKさんの貯金はほぼゼロだというのです。年収は結構あるのに、なぜおカネが貯まらないのでしょうか。理由は2つありました。その一つは仕事のストレスです。もう一つも、ストレスに関係しているようでした。独身でストレスが大きい仕事についている女性はもちろん、男性もぜひ参考にしていただきたいケースです。

なぜ「年収650万円なのに貯金がゼロ」なのか

さて、事務所に相談に来たKさんは、「濃厚メーク」に「奇抜な服装」をして現れました。私が看護師さんにいだくイメージと懸け離れていたこともあって、メークと服装のわけを聞いてみると、彼女が勤務している部署は、終末期を迎えたがん患者さんなども多く、ほぼ毎日といっていいほど患者さんの死に直面しており、「かなりストレスの多い毎日を送っている」と言います。その影響もあり、休日はストレス解消のため、洋服、化粧品、靴、バッグなど、「買い物ざんまい」で月のお給料の多くが消えてしまうとのことでした。

そういう部署なら「配置換えをお願いしたら」と思いましたが、Kさんは、家族や親戚をがんで亡くしていることもあり、自ら今の部署を希望したとのことです。実際、「患者さんのサポートができる今の仕事にはやりがいを感じている」とキッパリ。その一方で、毎日重い病気を抱えている患者さんと向き合っているため、職場ではつねに気が張っており、終末期の患者さんも少なくないため、精神的にもきついことも少なくないそうです。

次ページストレス発散による散財を防止するには?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT