オバマの来店も断った「天ぷら職人」の哲学

ミシュラン常連料理人の仕事論

ところが、最初は本当にお客さんが来なくて苦しみました。自宅はもちろん兄の資産も担保にして銀行からおカネを借りていましたからね。もう、首をくくるしかないと思った。

でも、開店3カ月が過ぎた頃、ある雑誌のライターさんがうちの店を見つけてくれて、「あの近藤がここにいる」と記事にしてくれた。それで少しずつお客さんが増えて、開業時の借金は7年で返すことができました。2009年以来、ミシュランガイドで星を獲得し続けていることもあって、今は外国からのお客さんも増えましたね。

「未熟であることが大切」

「一流の本質~20人の星を獲ったシェフたちの仕事論 」(書影をクリックするとAmazonのタイトにジャンプします)

和食は技術を語らずに門外不出にしているところが多いと思いますが、それでは世界から取り残されてしまいます。技術はどんどん見せて、普及させていかないと。うちは「YouTube」でも技術を公開していて、世界中からアクセスがあります。

一人前になるには時間がかかりますが、天ぷら職人というのはただ揚げるだけの仕事ではありません。魚の知識も必要だし、仕込みもできなければいけない。接客の機微も一朝一夕では身に付きません。基礎をちゃんと身に付けるまでには時間がかかるものなんです。これはどんな仕事でも同じだと思いますが、ガマンのできない人がプロになるのは難しいんですよね。

若手と接するときに気をつけているのは、昔の苦労話をしないことでしょうか。あとはやたらと怒らないこと。若い人には、言って聞かせてもあまり効果はないんです。大事なのは、トップが行動で見せること。私自身が絶えず努力し成長していかないと、誰もついてこないと思っています。

かつて池波正太郎先生がおっしゃっていた言葉を思い出すと、励まされるんです。「コンちゃん、未熟であることが大切なんだよ」と。絶えず理想どおりにはいかなくて、100点はありえないんです。だから、日々工夫し、努力し続けるんです。


聞き手:齋藤 理、文:泉 彩子、企画:クックビズ Foodion

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。