プログラミング教育の現場でわかったこと

これは想像以上にハイレベルなものだ

「おや、そこはパーツを組み合わせる位置が違うんじゃないかな~?」

え? あ、そうなんですね(ぎゃふん)。先生の言うことを聞かず自分の判断で勝手に作っちゃダメですな、やっぱり。大人になっても、そういう人いますよねぇ(つまりワタクシ)。

回転させるために重要な「ギア比」の授業

とかなんとか、いきなり躓きつつも、なんとか扇風機の羽が完成。ここでいったん、製作から離れ、扇風機の羽を回転させるために重要な「ギア比」の授業が始まる。大きな歯車と小さな歯車を組み合わせると、大きな歯車より小さな歯車の方が早く回転する……って、理科の授業で習ったアレだ。

先に言っておくと、実はこの教室のカリキュラムは、「プログラミング」技術の習得だけに的を絞ったものではないという。

「『Kicks』のカリキュラムは、近年注目されている“STEM(Science, Technology, Engineering and Mathematics)教育”に則っている点が大きな特徴。レゴ(R)ブロックを使い、子ども達が能動的に学ぶことを主眼としているんです」

次ページ体験した授業の中で最大の“難関”だったのは
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT