働きやすさを追求したら「無断欠勤OK」になる

小さな工場の人を縛らない働き方

「うちの工場では欠勤の際、電話もメールもいっさい連絡は禁止です」(写真:Mills / PIXTA)

「無断欠勤」がルールの職場!?

「出勤日も、出勤・退勤時間も自由」

「欠勤の連絡をしなくてよい」

「嫌いな作業はやらなくてよい。好きな作業だけやればよい」

著者の武藤北斗さんが経営している水産加工会社のルールである。こんな職場、本当にあるの?

上の画像をクリックするとHONZのサイトへジャンプします

のっけから驚かされる。理想主義も行き過ぎて、意識高い系の実験的な試みはいいけれども「生き生き働く笑顔」のうらになにか無理が潜んでいるんじゃ……。などと恐る恐る読み始めたのだが。

とにかく徹底している。その日出勤するかしないかは各人の自由なのだが、行くか行かないかを連絡する必要すらないのだという。というか連絡は「禁止」なのだ。なぜなら「好きな日に休んでいいよ」といいながら「だけど連絡はしてください」だの「事前に報告してください」だのと言えばやはり管理されているように感じるだろうし、無言のプレッシャーをかけることもできることになってしまって、ルールが形骸化するからだ。たしかに「うちは福利厚生しっかりしてますよ」といいながら実際の有給消化率は低いなどという話はよく聞く。産休とろうとしたら体良くクビになったなどという話もよくある話だ。

“うちの工場では欠勤の際、電話もメールも一切連絡は禁止ですし、書類の提出もありません。”

“それでも連絡してきてしまう人には厳しく注意します。これは優しさで言っているのではなく、ルールなのです。連絡はしないと決めたなら、してはいけないのです。”

次ページそれで本当に仕事が回るの?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT