「4代目ロードスター」をつくった男の頭の中

目指したのは運転が知らずにうまくなる車だ

 

世界に誇るライトウェイト・スポーツカーを守り続けていくために変える。

本稿は2016年10月発売の増刊号『GQ CARS Vol.2』に掲載した記事です。

デザイナーだった彼

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

4代目=ND型のデザイン説明で、担当者はスケッチブックにボールペンで絵を描き始めた。エンジンがこう。前後の車輪はここと、ここ。乗員はここにこう座り、頭の真上がルーフラインのピークで……。

しゃべりながら、アッという間にランボルギーニ・カウンタックのできあがり。次はミウラ。そしてNDロードスター。そのスタイリングが機能上の必然から決まったもので、スタイリングのためのスタイリングは「ほとんどやっていない」ことを伝えるためのスケッチ実演だった。

「最近はポルシェ911も加えてやっています。あとは、ミウラの後ろとカウンタックの前を繋げるとストラトスになりますよ(笑)、とか」

あのときチーフ・デザイナーだった彼は、いまや4代目開発主査でもある。中山雅さん。初代がライバル、というセンでひとつ、お話を。

次ページ絶滅するべく運命づけられている!?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。