高校生が評価した「大学イメージ」ランキング

青学はおしゃれ、慶応は就職、近畿は発展性

青山学院大学の正門。同大に対して多くの高校生が「おしゃれな大学」のイメージをもっている (写真:northsan / PIXTA)

高校生は大学にどんなイメージを抱いているのだろうか?

リクルートマーケティングパートナーズが運営するリクルート進学総研では、関東、東海、関西の学校に通う高校3年生を対象に、自分が志願したい大学や知っている大学などを聞く、「進学ブランド力調査」を、毎年発表している。

高校生が抱く大学イメージを項目別にランキング

その中で、「教育内容のレベルが高い大学」「活気がある大学」「就職に有利な大学」「おしゃれな大学」など、そのようなイメージにマッチする大学を、高校生から回答してもらっている。項目数は50におよぶが、その中から、注目度が高い8項目を選び、ランキング形式で紹介していきたい。

ランキングは、回答した高校生が通う地域ごとに、関東エリア、東海エリア、関西エリアに分けて算出した。

この進学ブランド力調査の調査期間は、高校3年生の4月。これからオープンキャンパスも本格化し、実際に大学に行くことで、イメージも変わる可能性もあるが、高校生が各大学をどのようにイメージしているかが見えてくる。

次ページ校風は早稲田、国際センスは上智や南山
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT