宝くじ研究家に聞いた「運気上昇中の売り場」

サマージャンボを今年こそ当てる?!

いま運気上昇中の売り場とは?(写真 : Graphs / PIXTA)

7月18日から発売が始まったサマージャンボ宝くじ(8月10日まで)。「なかなか当たらない……」と嘆く、そこのあなたへ。宝くじは「いつ」買うかも大切ですが「どこで」買うかも重要です。売り場選びのアドバイスをくれたのは宝くじ研究家の山口旦訓氏。人々の注目の集まるスポットは、よい気で満ちあふれ、ツキが向いているのだとか。いま運気上昇中の売り場を紹介します。

眞子さまご婚約に東横線沿線が熱い!

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

「富士山の世界遺産登録が決まった年には、富士山に縁のある売り場から1等3億円の当たりが出ました。おめでたいニュースが出た場所には、ツキが回ってくるのか、不思議と宝くじも当たりが出やすいのです」

人々の耳目が集まる場所には運気も高まる、そんな隠れた法則を教えてくれたのは、宝くじ研究家の山口旦訓氏

「日本中が祝福している慶事といえば、秋篠宮家の眞子さまのご婚約です。電車内での仲むつまじい様子も撮影されておりました。このおふたりが乗っていた電車、東横線の横浜駅にツキが回っている売り場があります」(山口氏)

それが【横浜ダイヤモンドCC(チャンスセンター)(神奈川県横浜市西区)】。同店の店長・たにもとさんに聞くと「先のドリームJ(ジャンボ)では一気に3人が当せんし、通算100人目の億万長者が生まれました。地元は、眞子さまのご婚約に沸いています。この活気がさらにポジティブな運気を呼び、この夏、当店では通算105人目の億万長者が出る意気込みです!」

次ページ高級列車「四季島」が新函館北斗駅を潤す?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT