造船にLNG船特需、韓国勢への反撃なるか

シェールガス革命でLNG船の特需到来

三菱重・今治造船がタッグ

世界的に見れば、今やLNG運搬船は韓国造船大手の独壇場だ。韓国勢は1社で年間10隻以上の建造能力と価格競争力を武器に海外大型案件を次々と受注。かつて世界をリードした日本勢の存在感は乏しい。ただし、日本国内に限れば話は別。国内の電力・ガス会社は長年の信頼関係がある国内造船会社に発注するのが常識で、今回のLNG運搬船も日本勢への発注が確実視されている。

こうした需要を手中に収めようと、国内造船大手は準備を進めている。LNG運搬船で国内最多の実績を誇る三菱重工は4月、造船専業最大手の今治造船と合弁会社MILNGカンパニーを立ち上げ、LNG運搬船の営業を一本化した。建造分担も視野に入れた提携で、2社合計で年間8隻の建造が可能だ。三菱重工の大宮英明会長は、「これから何年かは多くのLNG船の需要が出てくる。今治造船と組んで、それを総取りしようと思っている」と、提携の狙いを明かす。

画像を拡大
(注)2013年5月時点のLNG運搬船の受注残、内航用の小型船は除く (出所)WSMD

そこに待ったをかけるのが、実績2位の川重、さらに再参入組の三井造船とJMUだ。三井造船は得意とする舶用エンジンの技術を生かし、燃費性能に優れたガスたきの低速ディーゼルエンジンを開発。それを搭載したLNG運搬船の受注を目指しており、業界関係者らを工場に招待してエンジンのデモ運転を行うなど売り込みに懸命だ。

JFEホールディングスとIHIの造船子会社が今年1月に合併したJMUも、独自の大型LNG運搬船を開発中。安全性が高いIHIのSPBタンクを採用した船で、「LNG運搬船を合併新会社の大きな柱にする」(JMU幹部)と鼻息も荒い。

次ページ造船不況下に干天の慈雨
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • iPhoneの裏技
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT