「結婚しない女」の行動は限りなく男性的だ

「頼れるのは自分だけ」になっていませんか?

この連載上でも、独身女性が結婚に対して経済的メリットを重視し、重視するあまり結婚できない状態に自らを追い込んでいる、という話を書きました(独身男が「結婚コスパ悪い説」を信奉する理由)。それを裏付ける調査結果といえるかもしれません。

よくよく数字を見ると、ソロ女と既婚女性とは正反対であることがわかります。同じ女性でも2者はそれくらい「水と油」なんです。むしろ、ソロ男のほうが「愛」を大事にしており、その意識は既婚男女とほぼ変わりません。

ソロ女の34%が理屈で動く

続いて、「感情で動く派か、理屈で動く派か」という質問をしました。一般的に、女性は「感情派」で、男性は「理屈派」と言われています。事実、既婚女性は46%が感情派でした。しかし、ソロ女に関して言うと、まったく逆です。34%が理屈派で、なんと既婚男性よりも理屈派率が高いという結果となりました。こうした思考の特徴は、やはりソロ女が男社会の中で働く中で培われてきた男性性によるものかもしれません。

次ページ泣かないソロ女
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT