ポルシェ911、公道最速モデルは何がスゴいか

700馬力&後輪駆動「これこそビーストだ」

2017年6月30日、ポルシェは911 GT2 RSを発表した。700馬力で後輪駆動という、これまででもっともスリリングなロードゴーイング911の発表の舞台は、英国の“グッドウッド フェスティバル オブ スピード”会期中のグッドウッドのレーシング・サーキット。F1で9度の優勝経験を持つマーク・ウェバーも登場した。

2.8秒の911

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

「もっとも速く、もっともパワフルで、公道走行が可能な911」

ポルシェがそう定義する究極のスポーツモデル、911 GT2 RSが、モータースポーツの祭典、『グッドウッド フェスティバル オブ スピード』の期間中の6月30日にグッドウッドでベールを脱いだ。

発表の舞台となったグッドウッド サーキットは1948年から66年までF1もふくむ各種レースが行われていた伝統の場所だ。ポルシェはそのピット前にジャーナリストを集め、700馬力の後輪駆動という超ド級のスペックを誇るあたらしいアルティメット911をお披露目した。

この新型911 GT2 RSは、2基のターボチャージャーを備えた3.8リッター水平対向6気筒エンジンを搭載し、700ps(515kW)の最高出力と750Nmの最大トルクを発生する。3.6リッターの先代モデルを80ps(59kW)上回り、最大トルクも50Nm増しだ。

次ページ冷却システムは、レーシングカー用のようなシロモノだ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT