ベンツを形作る「秘密の本拠地」に行ってみた

ドイツのデザイン・センターに何があるのか

メルセデス・ベンツ主催のイベント「Design Essential」を取材した。各国に点在する同社のデザインセンターの総本山であるドイツ・ジンデルフィンゲンのセンターを訪れ、同社のプロダクトがどうデザインされているかをつまびらかに教わった。その結果、メルセデスに対する印象が少し変わった。

普段は開かずの「メルセデス・デザイン・センター」を取材!──エモーションとインテリジェンスの融合

クールな印象を打破したいメルセデス

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

メルセデス・ベンツが最も有名なプレミアム・カーブランドのひとつであることは疑いようがない。ほとんどの人がかの有名なエンブレム(「陸」「海」「空」を示すスリー・ポインテッド・スター)を思い浮かべることができるはずだ。130年以上の歴史をもち、動力性能、安全性、快適性、環境対策など、あらゆる面でつねに一級であり続けてきた。

次ページブランド認知の枠組みそのものを変えたい
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。