ベンツを形作る「秘密の本拠地」に行ってみた

ドイツのデザイン・センターに何があるのか

 

メルセデス・ベンツ主催のイベント「Design Essential」を取材した。各国に点在する同社のデザインセンターの総本山であるドイツ・ジンデルフィンゲンのセンターを訪れ、同社のプロダクトがどうデザインされているかをつまびらかに教わった。その結果、メルセデスに対する印象が少し変わった。

普段は開かずの「メルセデス・デザイン・センター」を取材!──エモーションとインテリジェンスの融合

クールな印象を打破したいメルセデス

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

メルセデス・ベンツが最も有名なプレミアム・カーブランドのひとつであることは疑いようがない。ほとんどの人がかの有名なエンブレム(「陸」「海」「空」を示すスリー・ポインテッド・スター)を思い浮かべることができるはずだ。130年以上の歴史をもち、動力性能、安全性、快適性、環境対策など、あらゆる面でつねに一級であり続けてきた。

次ページブランド認知の枠組みそのものを変えたい
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。