奈良の名門校は「読み聞かせ」で秀才を育てる

東大寺学園「雑談だらけ」の読書授業

「それからな、イタコクにはもう1つあだ名がありました。北京原人と呼ばれとったんよ。さらにそれがなまって途中から『ペテン』言われるようになったんや。失礼やな、これ」

「ギャハハ!」

「それでな、伊田故九社の出版物はペテン文庫って言うんよ」

「ガハハハ!」

教室はもう漫才の会場のようだ

ドッカンドッカン受ける。授業が始まったまだ5分程度だが、生徒たちは完全に松本教諭のペースに乗せられている。教室はもう漫才の会場のような雰囲気だ。

「原稿用紙をな、2回半分に折ると、ちょうど文庫本の大きさになる。そこに先生みたいな『作家』が、小説を書く。それで編集長がすごい男やねん。原稿を渡すとな、『少々お待ちください』と言うて、3日後くらいにどうなって返ってくるかというと……、こういう本になってくるんや」

段ボール箱の中から、『空白』というタイトルの、完璧な文庫本を取り出した。

「えーーー!」

生徒たちはその完成度の高さに驚きの声を上げる。

「オレ知ってます! 『空白』」

「知ってるわけがない。だって作者は松本浩典やもん。世界に1冊しかないからな。このカバーの裏を見ると、阪神タイガースカレンダーや。中、原稿用紙でな、ここに製本用ののりを付けて製本して、表紙付けて、なんとな、ご丁寧にこんなひもまで付いて。本物みたいやろ。帯まで付いて登場したときには、先生も何分爆笑していたことか。奥付に昭和51年て書いてますわ。値段もちゃんと付いてんねんけど。たとえば『空白』やったら120円」

「買いま〜す!」

「絶対売らない!」

中学生時代の松本教諭とその仲間たちが、夢中になって小説を書き、製本し、回し読みしていた光景を生き生きと語る。

「何が言いたいか言うと、本を読むのも面白いけど、自分らで本を作るのも楽しいでということや。パソコンのゲームで怪物と戦うのもそら楽しいけど。しかもな、残しておくとええ記念になる。今使っている読書ノートも簡単に捨てないでほしいな。失敗したこともな、時間が経つといい思い出になるから」

次ページ生徒たちはメッセージを受け取っている
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。