最新!「ビジネス・経済書」200冊ランキング

5週連続1位!「ライフ・シフト」が止まらない

「ビジネス書大賞 2017」の準グランプリを受賞した『ライフ・シフト』が、5週連続で1位に輝いた(写真:zak / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、6月11

~17日のランキングだ。なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載している。

先週(6月11~17日)のランキングでは、なんと5週連続で『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』(リンダ・グラットン著、東洋経済新報社)が1位に輝いた。テレビでの紹介や「ビジネス書大賞 2017」の準グランプリ発表、東洋経済オンラインの記事掲載などが続き、勢いが止まらない。

前週76位から13位に伸びたのが、『アイデア大全』(読書猿著、フォレスト出版)だ。ブログ「わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる」で紹介され、注文が集まった模様だ。

次ページ以降、200位までのランキングを掲載する。今売れているビジネス・経済書を知るための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~49位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT