最新!「ビジネス・経済書」200冊ランキング

6週連続「ライフ・シフト」が1位を獲得!

『ライフ・シフト』が、なんと6週連続の1位を獲得!(写真:sidelniikov / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、6月18~24日のランキングだ。なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載している。

先週(6月18~24日)のランキングでは、なんと6週連続で『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』(リンダ・グラットン著、東洋経済新報社)が1位に輝いた。「ビジネス書グランプリ2017」総合グランプリ、「ビジネス書大賞2017」準グランプリなどを受賞した後、その勢いが止まらない。

前週96位から17位に伸びたのが、『最強の働き方』(ムーギー・キム著、東洋経済新報社)だ。東洋経済オンラインの記事(「昼休みにバレる!『永遠に残念な人』の3欠点」)の影響が大きいと思われる。

次ページ以降、195位までの200冊ランキングを掲載する。今売れているビジネス・経済書を知るための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~49位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。