米国メディアは、ベゾスの買収をどう見たか?

ワシントン・ポスト買収から始まる"メディア変革"

ワシントン・ポストへ向けた書簡  

ワシントン・ポストは1877年に創刊した米国の首都ワシントンD.C.の地方紙だ。スーザが作曲し有名になった行進曲「ワシントン・ポスト」は、この新聞社のために作られた曲であることも知られている。発行部数で米国のおおよそ5番手につけ、また土地柄から政治系に強く、ウォーターゲート事件の追及で国際的にも高い評価を受ける名門紙だ。リベラルな編集方針であることも知られている。  

ベゾスは、ワシントン・ポスト買収の際の公開書簡で、ワシントン・ポスト紙を急速に変革するつもりがないこと、現在のインターネットニュースは紙の新聞の利益を侵食しているがそれらには本質がなく、ワシントン・ポストが新たなニュースに関するイノベーションを起こすことを示した。これまで通りじっくりとニュースを作って欲しいという内容だ。  

買収後も、例えば急速なデジタル化やウェブニュース事業の強化などに力を入れるわけではなく、これまで貫いてきた編集方針を大切にしながら、遅かれ早かれ迫られている新聞事業への変化を、独自にじっくりと作り出していく方針を示した。ベゾスによる買収は、そうした方針の裏付けにもなる。  

ベゾスは書簡の中で、ジャーナリズムは自由社会の中で重要な役割を果たしていると述べている。しかし一方で、新聞「事業」であるため、いつまでも赤字を垂れ流し続けることはできない。ベゾスがオーナーとなったことで、ワシントン・ポストは、これから質を伴う変化を作り出すための「時間的猶予」を得た。

次ページブランディングのための買収?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT