米国メディアは、ベゾスの買収をどう見たか?

ワシントン・ポスト買収から始まる"メディア変革"

長期のメディア変革が始まる

ワシントン・ポストのオーナーが変わることで、性急な変化がメディア業界に起きるわけではない。しかしこうした米国の一連のメディア変革の動きには注目しておく必要がある。ウェブをいかに活用するか、というアプローチで考えている米国に比べ、特に日本では、マスメディアVSネットメディアという構図が浮かび上がる。  

例えば、オバマ大統領がキンドルシングルのインタビューに応えるように、ニコニコ動画が首相の記者会見を全編ノーカットで放送し、質問をする場面までリアルタイムで配信している。テレビが、数秒を切り取って失言を演出しようとしても、それが意図的な解釈であることが明らかになる環境が整ってしまった。一方でネット側にも、情報のチェック体制に対する甘さや、匿名と炎上というコントロール不可能な怖さが指摘される。  

米国で始まったハフィントン・ポストはAOLに買収されたが、既に3万人のブロガーを抱え、読者が議論をしながらニュースが配信される新しいスタイルを確立した。2013年5月には朝日新聞をホストに日本に上陸している。  

新陳代謝が早いネットメディアと対抗軸に置かれがちのこれまでのマスメディアが、どのような融合を魅せるのか。またビジネスとしてどのような発展、変化を遂げるのか。今後のワシントン・ポストに注目したい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT