性暴力被害女性が犯人を「赦す」道を選ぶ理由

アカデミー賞を拒否した女優が性暴力を語る

アカデミー賞授賞式への参加をボイコットしたことでも話題になった主演女優のタラネ・アリドゥスティさん(写真:Go Furuya/HuffPost Japan)
本記事は「ハフポスト日本版」からの転載記事です。元記事はこちら

2017年度のアカデミー賞外国語映画賞を受賞したイラン映画『セールスマン』が6月10日から公開される。

トランプ大統領の中東・アフリカのイスラム圏からの「入国禁止」政策に反発し、アカデミー賞授賞式への参加をボイコットしたことでも話題になった主演女優のタラネ・アリドゥスティさんが、ハフポスト日本版の単独インタビューに答えた。

犯人を「赦す」ことを選ぶ妻のラナ

この映画の主人公は、アメリカの劇作家アーサー・ミラーの戯曲『セールスマンの死』の舞台に出演する役者夫婦の夫のエマッドと、妻のラナ。穏やかだった夫婦の暮らしはある日突然、夫の留守中に妻が何者かに性的暴行を受けるという事件によって一変する。

深い傷を負いながらも事件を表沙汰にしたくない妻と、犯人探しに躍起になる夫。2人は事件をどう"消化"していくのか、犯人は誰なのか。夫婦の感情の揺れ動きと暴行事件という社会問題をうつし出す。

――ラナが暴行を受けたことに対して、犯人に「報復」しようとした夫のエマッド。一方で犯人を「赦す」ことを選ぶ妻のラナ。恐怖と絶望を感じながら「赦す」選択をするラナはどんな気持ちだったのでしょうか。

彼女は、暴行した犯人を「赦す」わけではありません。彼女もまた、犯人を赦さない。ただ、「赦さない」の方向性が夫とは違っていたんですね。

彼女は暴行を受け、確かに絶望しました。でも、本当の絶望は、暴行を受けたこと自体よりも、暴力に対して暴力で制裁を加えようとした夫の態度だったのです。

「暴力には暴力で」それは、ラナには受け入れがたいことでした。

次ページ愛する夫が理解できない存在になっていく
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 就職四季報プラスワン
  • インフレが日本を救う
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。