「永遠にモテない人」の話し方、よくある7大NG

「喋りすぎ」「自慢ばかり…」あなたは大丈夫?

デートの会話でいちばん嫌われがちなのが、とにかく「相手の話」を聞かず「自分語り」ばかりをすることです。

「聞き役」のほうが好感度はアップする

【1】「相手の話」を聞かず「自分語り」ばかりをする

デートでは、「お互いを知って距離を縮める」ことが大切ですよね。でも「自分のことを知ってもらおう」と、自分の話ばかりをする人がいます。

「いま仕事で、こんな大きなプロジェクトをやっていて……」「高校時代はラグビーをやっていて、体脂肪が10%まで落ちて……」などなど。

特に男性ほど、「自分をよく見せたい」と思うあまり、一生懸命に「自分語り」をしてしまいがちです。

でも、男女問わず、誰だって「自分の話」をしたいし、「自分の話」を聞いてもらえるとうれしいもの

だから、デートの会話はまず相手に話してもらって、自分は「聞き役」に回るぐらいがちょうどいいんです。デートでは「聞き役」に回ったほうが、絶対に好感度が上がりますよ。

【2】相手に「質問」をしない、「いきなりズレた質問」をする

ある女性がお見合いをしたとき、相手の男性が無口な人だったので、女性が一生懸命、「質問」を考えたそうです。

「お仕事はどんなことをされているのですか?」「ご趣味は何ですか?」「休日はどのように過ごしているんですか?」などたくさん質問をしたのですが、男性はそれに短く答えるのみ。

結局、相手からの「あなたはどうですか?」という問いかけは、1回もなかったそうです。

しかし、その男性は彼女のことが気に入らなかったのではなく、その後、交際を申し込んできたというのだから驚きです。もちろん、女性はお断りしたそうです。

あと、デートに限りませんが、会話の途中で、それまでの話題とは関係ない「ズレた質問」をいきなりする人もいます

質問された側からすれば、「今までの私の話を聞いていたの?」と不愉快になることも少なくありません。

モテる人ほど「質問」がうまいもの。「質問」を全然しないのも、会話の途中に「いきなりズレた質問」をするのもNGです。

次ページ「そんな話」で盛り上がっても…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT