「永遠にモテない人」の話し方、よくある7大NG

「喋りすぎ」「自慢ばかり…」あなたは大丈夫?

次によくあるのは、会話のスピードが速く、自分だけ先走ってしまい、「一方通行の話し方」になってしまうケースです。

会話のスピードは「ゆっくり」と

【3】自分だけ先走る「一方通行の話し方」をする

男性は女性と比べて、会話のスピードが速く、「一方通行の話し方」になりがちなところがあります。

「これはこういうことで、こうでこうで、こうなんです!」みたいな感じで、どんどん話が展開していく……。もしかしたら、「仕事の話し方」をそのままプライベートに持ち込んでいるのかもしれません。

「早口」というより「話の展開が早すぎる」のが主な理由ですが、話の展開が早すぎると、相手はその話に追いついていけなくなりかねません。

女性と1対1で話すときは、「相手が理解している」ことを確認しながら、「いつも以上に、ゆったりした話し方」を心掛けましょう。

そのほうが「自分にもわかるように話をしてくれている」と相手に伝わり、断然、印象がよくなります

【4】話が「一般論」や「第三者のこと」に終始する

デートは「2人の距離を縮める」のが目的のひとつですが、「テレビの話」や「時事ネタ的な話」ばかりしていても、相手との距離はあまり縮まりませんよね。

「こないだテレビを見たんだけど、『アキラ100%』っておもしろいね」
「私もあの人のネタ、大好きなんです」
「実は、あの人の奥さんの仕事って臓器コーディネーターなんだってね」
「あっ、そうなんですか」

 

こういう会話が悪いわけではありませんが、これは「第三者の話」であって、「お互いの理解を深める話」ではないわけです。

ある結婚相談所のベテランカウンセラーさんは、「交際に入って最初の3カ月間は映画を見るのはダメ」と指導しているそうです。理由は、映画を並んで見ても、ちっともお互いを知り合うことにならないからだそうです。

もちろん、デートの最中、ずっと「お互いの理解を深める話」を続ける必要はありませんが、慣れないうちは照れくささもあって、ついつい「第三者の話」が多くなりがち。「第三者の話」ばかりにならないように注意しましょう。

次ページ「その距離感」は微妙です…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナ戦争を読み解く
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小学校<br>子どもが幸せになる選び方

新型コロナ対策に追われる小学校で、4月から学習指導要領が変わりました。プログラミング教育、英語の必修化、アクティブ・ラーニングなど、新しい学びの体系の中で学校の違いがさらに鮮明になります。子どもが幸せになる学校を徹底分析しました。