日本で報じられる世界の姿を鵜呑みにするな

そこにバイアスがかかっているかもしれない

目の前で起こっている問題をどうやって捉えるかも大きなカギだ。しかし私たちがそれをどう捉えるかの前に、私たちが問題を考えるためのソースを得るための報道の現状にも気をつけなくてはならない。

「取材をしてきて、行く前に言われている状況と実際の現場が一致するなんてことはほとんどありませんでした。報道されていることと、現実とはいつも少しずつズレています」と、増田氏が述べるように、日本で報道される世界のニュースは、日本の視聴者が抱いている、もしくは報道する側が、視聴者が抱いていると想像する現実とはズレた視点でニュースを解釈して伝えていることも多い。

ステレオタイプの見方だけではダメ

『なぜ、世界は“右傾化”するのか?』(ポプラ社)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

私たちの固定観念や、その固定観念に基づいて、こう報道したほうが日本ではより注目されるであろうというステレオタイプな報道が多いということだ。だから私たち自身が、「いろいろな情報に触れて、まずはステレオタイプのものの見方だけではダメなんだということを知ること」(池上氏)が重要になってくる。

同じように見える状況がある一方で、それぞれの歴史的経緯や地域の情勢、宗教や経済状況も違っているという事実、そして伝えられ方にもバイアスがかかっていることを忘れてはならない。「実際に起こっていることをきちんと伝えようとすること、知ろうとすることが今の社会ではとても重要」(池上氏)になっているのだ。

(文責:小山 晃)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT