マクラーレン「570GT」をトコトン試してみた

速いのは当たり前、上質な室内と乗り心地も

コアモデルとなるのが12Cで始まったスーパーシリーズだ。フェラーリでいえば488クラス。先だって、マクラーレン初のフルモデルチェンジモデルである720Sがデビューしたばかり。

そして、入門用というべき存在がスポーツシリーズである。フェラーリなら、さしずめカリフォルニアだが、マクラーレンはミドシップ。その違いは大きい。フェラーリもそれには気づいているのだろう、おそらく復活がウワサされるディーノが、フェラーリの入門ミドシップカーとなるはず。

今回紹介する570GTは、540C、570Sに続く、スポーツシリーズの第3弾で、車名の数字が表すとおり570Sのバリエーションだ。

秘密の扉はリアにあり

見た目に570Sとの違いはごくわずか。一見、ほとんど判らない。570馬力を発する3.8リッターV8ツインターボエンジンなど、メカニズムもほとんど同じ。重量こそ、わずかに増えているが、強力なエンジンスペックを知れば、目くじら立てるほどの差ではないだろう。

違いを見つけたければ、リアセクションに回って見て欲しい。570GTには、なんと、パノラミックルーフとガラスハッチが備わっていて、ハッチは側面をヒンジにして昔のジャガーEタイプの用に開き、なかを覗き込めばレザー仕立ての豪華なラゲッジルームがあるのだ。つまり、GTという名が表す通りロングドライブにも向く、実用的なスーパーカーなのである。

マクラーレン製のミドシップ・スーパーカーといえば、伝説の3シーターF1はもちろんのこと、ピュアスーパーカーブランドとしての出発点となった12C以降、どのモデルにおいても“速く走るための機能”を最重視した、ストイックな造りのインテリアが提供されてきた。

ところが、この570GTはまるで違っている。特徴的なディヘドラルドアを跳ね上げてみれば、その先に、うわっと心浮き立つラグジュアリィな空間があった。

スポーツシリーズのカーボンモノコックは、シルが前方に向かって低められており、床面も車体中央に向かってややえぐれているため、非常に乗り込みやすい。

上等なレザーで覆われた室内を見渡すと、グラブボックスや小物入れ、カップホルダーがみえる。随分と乗り手に優しくなったものだ。速く走るために、聖域なき軽量化に務めてきたマクラーレンしか知らない筆者にとっては、その光景が、どこか不思議に見えてしまったほど。

次ページ「商品力」のあるモデル
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT