マクラーレン「570GT」をトコトン試してみた

速いのは当たり前、上質な室内と乗り心地も

 

走りと実用性を兼ね備えたスーパーカーが欲しいなら、マクラーレン 570GTはいかが? ミドシップカーの常識を覆す英国生まれのニューマシンに、西川淳が試乗した。

入門マクラーレンと侮るなかれ

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

マクラーレンは、今、世界で最も“レア”なブランドだ。

何がそこまで珍しいのか。独立したメーカーであることもさることながら、ミドシップ・スポーツカーだけを造る専門のメーカーというところが珍しい。ケーニグセグやパガーニといった極少量生産ブランドを除くと、ほかにミドシップ専門といえばランボルギーニがあるだけで、それにしたってもうじきSUVのウルスをリリースする。ピュアスポーツカーメーカーとしてのマクラーレンのブランド価値は、今後、益々高まっていくと思う。

マクラーレンには今、3つのシリーズが存在する。

最上級に位置するのが、1000馬力級のアルティメイトシリーズ。これは、フェラーリでいうところの限定スペチアーレモデルで、12年にデビューしたP1は350台(?)を作って生産を終え、次はコードネームB23と呼ばれるセンターシート3人乗りのハイパーカーが限定106台(つまりは伝説のマクラーレン F1と同じ)で準備が進んでいる。

次ページ570Sとの違いはごくわずか
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
官僚の掟<br>忖度エリートのカネと出世

不人気、不遇、不祥事で没落するエリートたちの悲哀。次々に発覚する官僚たちの過ち。採用応募者は年々減少し、東大生の官僚離れが顕著に。それでも官僚はおいしい仕事なのか?